副流煙は主流煙より有害

vitamins and minerals supplements

最近の世の中の流れは圧倒的に「禁煙・分煙ブーム」です。
これは、煙草について正しい知識を持っている人であれば問題はないんですが、
煙草が自分や他人に与える害についてよく知らない人がマナーを守らないことで、非喫煙者がついに立ち上がり始めた、といった感じですね。
煙草には副流煙というものがあります。
喫煙者が肺に吸い込む主流煙とは別に、煙草の先端が燃焼することで発生する煙のことを副流煙と言います。
実はこの副流煙にはなんと喫煙者が肺に吸い込む主流煙よりも多くの有害成分が含まれているんです。
煙草は肺だけでなく心臓や腎臓、肌などにも害を及ぼすと言われています。
そのため、そのリスクを考えた上で煙草を吸っていない非喫煙者からすれば、
「貴方が煙草で不健康になるのは良いけど、非喫煙者の私まで被害を被るのはごめんよ」ということなんです。
副流煙を吸うことですぐに表れる症状としては煙が目に染みる、喉が痛むなどがあります。
長期的に見ると喫煙者同様、肺がんや脳卒中などの病気にかかる危険性もあるんです。
もしパートナーのお腹に赤ちゃんがいる場合は、酷い場合だと流産してしまう可能性もありますし、
まだ幼い子供が副流煙を吸い込んでしまうと気管支喘息を発症したり、身体の成長が遅くなる場合もあります。
煙草についてしっかりと知識を持っている人は、喫煙スペースでのみ喫煙をするなど、配慮してくれていますが
自分は煙草のリスクを分かった上で吸っている、と思っている人の中には他人に与える害を知らずに歩き煙草をしている人もいます。
世間の人はもちろん、自分の愛する家族に害を与えないように禁煙を始めましょう。